2008年11月25日

木工事中に怒られた!!A

EHEx_ (21).JPG
EHEx_ (22).JPG
EHEx_ (25).JPG







こんな風に使ってました。スジカイを入れるような斜めの場所ではスケールで測るよりも、素早く長さを測る事ができるようです。
う〜ん素晴らしいひらめき知恵ですね。
「馬鹿だから職人やってんだ!」とよく言う方がおりますが、大工さんに限らず、職人さんはスゲー賢いと思います。知恵が詰まっております。
なんか怒られても納得!&感動!!使えるものは使うこれも立派なエコ?ですかね・・・?
変なところで感心する今日この頃です。


posted by azuma at 13:57| Comment(0) | TrackBack(26) | 日記

2008年11月20日

木工事中  に怒られた!!@

大工さん達がスジカイ入れの最中、掃除!掃除!!てな具合でこれEHEx_ (20).JPGを捨てようとしたその時exclamation
大工「こらむかっ(怒り)捨てんな〜パンチ
私「えっexclamation&question(でも俺じゃねぇ〜な)」
大工「捨てんな爆弾
私「これのことふらふら
見たいなやり取りが、何で?何でなのかなexclamation&questionなんに使うんだよがく〜(落胆した顔)2本の棒?2本のごみ?

だって、みなさまも、これを何に使うのか分からないですよね?分かりますexclamation&question
posted by azuma at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

木工事

雨の心配もなく屋根も終わり、いよいよ内部の工事です。今回も定番のトップライト!。
EHEx_ (53).JPG
そして、壁内の空気を排出する為のWB工法(通気断熱工法)オリジナル棟換気システム!!。EHEx_ (5).JPG
ご存知だとは思いますが、形状記憶合金を調合し電気などは一切使用せずとも温度感知にて自動に開閉する優れものです。室内の空気はトップライトを開閉することで、壁内の空気は換気システムから、空気の流れ的には、煙突みたいな感じですね。勿論トップライトは空気抜きだけではなく、暗くなりがちな中廊下などを自然な光で明るく照らしてくれます。採光は窓の3倍らしいです!。
床下地は28mmの構造用合板を使用しております。EHEx_ (18).JPGEHEx_ (16).JPGEHEx_ (27).JPG
白蟻の原因にもなりかねないので、床下の掃除も忘れずに〜


posted by azuma at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月15日

木工事・屋根工事

HE (33).JPGHEE (33).JPG

屋根工事です、写真は垂木完了し、野地板、ルーフィング施工中です。ここで気をつけたいのは、野地板はムク材を使用しルーフィングはゴム系のものは使用しない事です。と言うのは、今主流の野地ベニヤは湿気をよび結露し蒸れ腐れの原因になります。同様にゴム系のルーフィングも湿気を逃がさず蒸れ腐れの原因が起こる可能性があるとの事。極力可能性のある物はさけ、永く住んで頂きたいですからね。
今回の屋根仕上げはガルバリウム鋼板横葺き仕上げです。
EHEx_ (11).JPG



posted by azuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月10日

上棟式

IMG_8728.JPGtatemae.jpg

上棟式です。今回は散餅・散銭の儀まで行い、近所の方々、公園で遊んでいた子供達も急遽参加、にぎやかに滞りなく終了しました。なにか忘れていた、昔の温かさを思い出しました。明日から、また本格的に現場がうごきます。ホッとしたせいもあり、今回は特ににぎやかさがあっただけに、五色の旗が何かもの寂しい感じがして・・・。年を取ったのかな〜
でも、構造躯体(木材)を施主さまにみて頂き、「ガッシリしてますね〜わーい(嬉しい顔)」の一言が理解して頂いたこと、伝わって頂けた事、すごく嬉しかったです。なかなか図面や見積もりでは伝えずらいものですが、これからは提案の段階でも伝えられるように努力・勉強・工夫していきます。
   それでも
        演劇上棟しました〜るんるんるんるんるんるん

  心から、おめでとうございます。晴れ
posted by azuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月05日

木工事

ようやく基礎工事が完了し、木工事へ入りました。
墨出し→土台敷き→建て方(建前)の順ですね。現場は何を始めるにしても、墨出し作業から始まります。例えば基礎工事が始まる前の地縄、遣り方、木材を加工する前の墨付け、土台敷きする前の墨出しなど、間違えれば大変ですが、この作業をすることで図面と現場との違いなども再確認もできますので、チェックexclamationチェックexclamationですねちっ(怒った顔)
棟木もあがり、これから棟上げのお祭り(上棟式)を執り行ないます。勿論、暦等で良い日を確認します。まずは一安心わーい(嬉しい顔)

HEE.JPGHEE (1).JPGHEE (5).JPGHEE (10).JPGHEE (19).JPG
posted by azuma at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月03日

基礎工事

RIMG0022.JPG

スラブコンクリート打設→立上り枠組→断熱工→立上りコンクリート打設→枠解体→基礎天端均しの順でようやく基礎完成です。当然、水道屋さん電気屋さんも配管・配線の為に現場へ入ります。ここで当社は、基礎への断熱材を施工。熱が伝わりやすいコンクリートは、冬場の寒さにより基礎が冷え建物を寒くしてしまいます。冷えないような工夫として基礎断熱をしております。もちろん、後にふれますが、床下の断熱材も施工します。ようやく基礎完成です。
おお〜今回の建物は基礎がRだexclamation×2まるいね〜るんるん

RIMG0005.JPGb (42).JPGb (35).JPG


posted by azuma at 08:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2008年11月02日

基礎工事中!番外編です

これ何でしょうexclamation&question分からないですよねあせあせ(飛び散る汗)
これは地鎮祭の時に頂くお清めされた神砂ひらめき神さまの砂exclamationそのままかふらふら 安心したいです、少しでも多く、私がexclamation×2 あexclamation お客様に少しでも多く安心して頂く為に弊社とお付合いの深い神社さまより頂くもので基礎に埋設しております。躯体だけではなく心の安心も大切にしたいという事で埋めております。今後なにかあったら大変ですし、末永いお付き合いになりますからね。
心の安心で言えばその他にも、設計の段階で家相はみるべきです。お客様の中には「俺は気にしないからデザイン重視で!」と言われても、しっかりみてます!○○さんと○○さん!いいと言われてもシッカリみてますよー!!手(チョキ)
お客様は当然の事!やっぱり自分達も安心したいですものね。余談ですが・・・

b (31).JPGb (30).JPG
posted by azuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

基礎工事

防湿シート敷き→型枠工→配筋工
防湿シートを敷かずに施工する方がおりますが、コンクリートだけでは湿気がいずれあがります。基礎構造は勿論exclamation×2強度をたもち、床下になる基礎は湿気がたまりやすい場所なので注意しましょう。湿気対策は白蟻予防の一つです。
b (23).JPGb (20).JPGb (16).JPG
posted by azuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月29日

土工事

水盛遣り方→根切り→砕石敷き→転圧→墨をだす為の捨コン打設の順で行われます。ちなみに水盛遣り方の水盛りとは、昔レベル機械(水平を出すもの)がまだなかった頃、水を溜めて水平の基準を出したことから水盛遣り方というらしいです。でも今は遣り方というのが一般的かな〜

b (14).JPGb (6).JPGb (3).JPGb (2).JPGb (1).JPG


posted by azuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

地縄

nEd (12).JPG基礎工事前に事前に建物の位置をだし、隣地、道路境界の離れ埋設物等の確認をします。今回は少しだけ北側に移動しました。
posted by azuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月28日

地鎮祭

zitinsai.jpg地鎮祭が行われました。

posted by azuma at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記